fc2ブログ
企業広告
Google AdSense





出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2021.04.27    カテゴリ:  エンジン 

   チェンジニアとエンジニア

チェンジニアとエンジニア メンテナンスと修繕 似ているようでちょっと違う

チェンジニア  部品交換しかできないエンジニア

エンジニア 原因を突き止めて修理ではなく、部品交換する


よく言われる言葉ですが、チェンジニアが必ずしも間違いではないと思います。

例えば、船の一生を20年と仮定して、大規模修繕なしに交換サイクルを伸ばしつつ運航できたら、それも一つの高い能力です。
ただ、メーカーの交換サイクル通りにチェンジしていけば、故障リスクは減る代わりに、コストは高くなります。
何事もバランスが大事です。

メーカー正規品じゃないと直らないと言う船員さんと、あるものでなんとかする船員さん。
どちらも真面目に仕事しようとしていますが、コストは違います。
何事もバランスが大事です。

性格は悪いが技量がある船員さん
性格は良いが技量がない船員さん
この業界よくあるパターンですが
何事もバランスが大事です。

進宝丸でベローズ式伸縮継手に亀裂が入りました。
以前、買っておいたサーモバンテージが役にたったようです。
数千円で延命できる命もあります。
準備は念入りに、仕留めるのは一瞬で
何事もバランスが大事です。

S__5464089.jpg

S__5464091.jpg

自転車のチューブとFRP(ガラスマット・樹脂)、シリコンコーキングがあれば、大抵の修理ができると思っています(笑)





船主は、どんだけ頑張っても用船料以上の売り上げをあげる事はできません(船単体で)
ですので、船主の商売の基本は船を止めない事(オフハイヤー)と諸先輩方から教わりました。
その為のドックであり、その為の定期メンテナンスだと思います。

レーダーやサテライトが壊れてないけど10年~15年の間に換装する。
サテライトが壊れたら、船は止まるし納期がかかりオフハイヤーでサテライトが二個買えたなんて事にもなりかねません。
船の一生を20年と考え10年~15年の期間に何をするかが後半に繋がります。

特に一杯船主が最後陥るのが、償却終わって、利益と修繕費のマッチポンプ方式。
修繕の為に商売しているのか?商売の為に修繕しているのか?もう訳の分からない状態です。


関連記事
スポンサーサイト



順番ですが、FRP樹脂で固めてから、テープ巻きでしょうか






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog