fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2021.11.17    カテゴリ:  海運ニュース 

   次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用する試験航行

JRTTとユーグレナなどは12日、広島市・宇品港で、高速クルーザー「SEA SPICA」に次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用する試験航行を行いました。


現状、コストはリッター1万円の世界だそうですが量産態勢でリッター100円台に持っていく事が目標だそうです。
LNGやアンモニア、最近では大型コンテナ船に核融合エンジンと言うガンダムの世界の話しも出てきていますが
中小型の内航船には、既存のディーゼルエンジンを利用できる、このバイオディーゼルが最適だと思います。
しかし、バイオ燃料はサトウキビ、トウモロコシ、油やしなどを原料とする栽培作物系と、
食油の廃油、生ゴミ、下水汚泥、家畜糞尿などを原料とする廃棄物系があります。
バイオ燃料を増やす事で食料との争い。穀物の高騰。農地開拓による森林伐採など色んな問題があります。

また、新燃料においてはサプライやエンジン不具合の問題もあります。HSC重油からLSC重油に変わっただけで
内航のエンジン場は疲弊しました。石油連盟は、何も粗悪油を出しているわけではありません。
JIS規格内で出しています。しかし混ぜ物によっては混合安定性が悪くスラッジの発生原因になっています。
現在フェリー業界では補助金の流れもありスクラバーを付けた新造船でHSC重油船も登場。
しかし、デイリーバンカーが主なフェリーですのでHSC重油専用バンカー船が足りないと言う状況になっています。
直近の原油とガソリン高騰。リーマンショック前も原油高騰。経済に大ブレーキがかからなければ良いですが。

“究極のクリーンエネルギー“核融合で大型船を駆動 コンセプト完成


午前0時のユーグレナ 亜鉛 マカ シトルリン アルギニン 厳選11成分配合 サプリメント 栄養機能食品 60粒30日分



ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog