fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2023.05.19    カテゴリ:  海運ニュース 

   シップ・オブ・ザ・イヤー2022「小型貨物船部門賞」を受賞

井本商運株式会社(本社:神戸市)は、公益社団法人日本船舶海洋工学会が主催する「シップ・オブ・ザ・イヤー2022」に応募し、内航コンテナ専用船「のがみ」が「小型貨物船部門賞」を受賞しました。
のがみ

「シップ・オブ・ザ・イヤー」は、公益社団法人日本船舶海洋工学会が、毎年日本で建造された話題の船舶の中から、技術的・芸術的・社会的に優れた船を選考して授賞するものです。33 回目となる今年は合計 8 隻が選考の対象となりました。

今回の受賞対象となった 670TEU 型内航コンテナ船「のがみ」(2022 年4月就航、旭洋造船建造)は、2015 年就航の「なとり」をベースに、波の抵抗を低減する垂直バウやゲートラダー・システム、流線型煙突、フル電子制御エンジンなど新機軸を組み合わせることで、より一層の省エネ運航を可能にしました。

また、内航海運業界の課題である船員の減少、高齢化問題への対応として、女性専用区画を含む 21 室の船室及び大型研修室を設け、内航船員の為の教育機能を持たせました。そして、国交省が掲げる「国際コンテナ戦略港湾政策」の切り札として日本のコンテナハブ港復活の一端を担う大型内航フィーダー船としての運航実績を高く評価されたことが受賞につながりました。

当社における運航船としては、2014 年の「ふたば」、2015 年「なとり」による「小型貨物船部門賞」に続き 3 隻目の受賞となりました。

今回の「のがみ」の受賞は、近年の社会的課題であるモーダルシフトや低炭素社会の実現に加え、内航海運の人材不足といった業界全体が抱える諸問題への解決および持続可能な物流の構築への嚆矢となることが期待されます。
当社は、今後も環境負荷低減と船員問題の同時解決を指向しながら、海上コンテナ輸送を通じ、内航海運の持続的発展に貢献していきます。

【2022.05.02】 670TEU型国内最大級内航コンテナ船『のがみ』 船内探訪
関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog