fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2023.06.26    カテゴリ:  海運ニュース 

   海運メディアが触れないのは何故?

6月19日に日経新聞で内航海運が取り上げられました。

内航海運 船も人も老いる大動脈
賃上げ難・人手不足、密な関係嫌う若者定着せず


その翌日6月20日に、前代未聞のスキャンダルが日経新聞WEB版で取り上げられました。

海員組合前トップ、6億円申告漏れ 東京国税局指摘

トピックは、6億円申告漏れですが、金の流れ見れば業務上横領、背任行為です。

全日本海員組合の前トップ、基金流用 6億円申告漏れ、東京国税局指摘


未組織の私に言う権利はないかもしれませんが、組合費を払っている会社と、組合費を徴収されている船員は、皆怒っていいんじゃないでしょうか?

ただ、会社は今後の交渉等、大人の事情もあると思うので、すぐに怒りをぶつける訳にはいかない立場の人も多くいると想像しますが、現場の船員は、団結して説明を求めた方が良いと思います。
6月25日号の船員しんぶんでどう語られるのか?

そして、今日の某内航新聞のトップ記事にどう書かれるのかと思ったら・・・業界の闇を暴こうと、気合入れすぎて入稿が間に合わなかったのか、1mmも触れられていません。NHKでも、その日に放送されたニュースです。

業界の闇と言うより、がっかりでした。

体調を理由に辞めた人の『死体蹴り』をするなと言う意見もあるかもしれません。自己都合なので退職金は多少割引されていると思いますが、組合長レベルです。がっつりもらったでしょう。ん?これは、どこかで同じ事を聞いたな。・・・EB・・・なんだっけ?思い出せない。

内航業界、外航業界、ルール改正や法改正で必ず障壁になるのが海員組合です。それが組合船員の立場を守るためだと思ってました。組合船とも言えど、一部の船、一部の職務では、9か月乗船の話しも聞こえてきます。
新卒3年目の離脱も聞こえてきます。離脱しても業界に残ってくれると良いですが、業界離脱も多く聞きます。

組織の政治闘争に明け暮れ、海員組合の意味ってありますか?
もしかしたら、こういった不正が明るみになるのは、森田氏も政治闘争に負けた敗者かもしれません。

敗者ですが、被害者では、ありません。森田氏は、加害者であり、今後捜査のメスが入ると思われます。
そして、本当の被害者は、日夜頑張っている、現場の船員です。

船会社の前でシュプレヒコールする前に、森田氏の家の前で『金返せー』と言ってあげてください。

今後の対応で全日海の真価が問われますね。今後に期待しましょう。

失望して組合脱退しても、船乗りは辞めないでください。
未組織の船会社もピンキリですが、福利厚生がしっかりして休暇をキッチリ回している会社もたくさんあります。

未組織の会社だって、船員を増やす草の根活動を頑張っている会社もあります。

DSC01749.jpg

DSC01761.jpg

DSC01765.jpg

政治闘争や私腹を増やす事の前に、子供たちに船員と言う職業を知ってもらう努力をしてください。

現場の組合職員は頑張っています

小樽市立稲穂小5年生と学ぶ 船と船員さん教室【全日本海員組合北海道地方支部】

この小学生たちが、家に帰って全日本海員組合と調べて、森田氏のニュースが出てきたらどう思うでしょうか?

全日本海運組合

関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog