fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2023.06.27    カテゴリ:  海運ニュース 

   今治ブルークリーンプロジェクト

日本財団の海と日本プロジェクトの一環である、今治市の環境政策課今治ブルークリーンプロジェクトのお話を、
人づてに相談があり、船と環境で何かできないですかとの事でしたので、ちょうど良い船がありますと提案させてもらいました。
当初は、夏休みあたりを計画されていたようですが6月はじめに話があり、SIM-SHIP 國喜68のお披露目会が6月24日.
バタバタ計画でスタートし募集開始から時間がない中、小学生親子20数名が集まってくれました。
チラシ案
今回、内航ミライ研究会の関係者お披露目会の前座を利用させてもらってSIM-SHIP 國喜68の見学会を行いました。
まず、私から小学生に内航船の大枠とこの船で運べる重さと量を軽自動車と25mプールをイメージしてもらって伝え
ちょうど、隣に立ってた30代船長が次の休暇でベンツ納車(中古)予定だったので、船乗りって稼げる仕事なんだよと伝えると
男子には『おぉー』っと驚きの声がありました(笑)

これで参加した小学生には、船乗りになったらベンツに乗れると言うイメージがついたかもしれません(笑)

次に船長から、海でイルカに出会ったり、いろんなところへ行ける良さを伝え、機関長からエンジンの大きさなどを伝え、
事前情報を持った状態で見学に入りました。

『環境』と言うテーマで停泊用バッテリーが今治市のゴミ焼却炉バリクリーンで発電した電気を充電すると言う環境省による2022年度の地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業でもるので、ピッタリではありますが、私としては、この機会に船に触れてもらう、見てもらう、感じてもらう事が出来たらと言う思いで開催しました。

舵輪に触ったり、汽笛を鳴らしたり、コンパスデッキからハッチ開閉を見てもらったり、多分皆初めて見る風景だったと思います。
DSC01732.jpg

DSC01740.jpg

DSC01743.jpg

DSC01751.jpg
比較的少人数だったので、当初のブリッジ見学だけだった予定を変更し、ホールドに入ってもらいました。
DSC01757.jpg
意外な反応で大喜び。サッカーボールでも用意しておけばと後悔しました
DSC01761_202306271527005d5.jpg
ホールドの中からハッチの開閉を見学
DSC01765_20230627152701348.jpg
エンジン場を通りながら見学終了。
見学後は、今治の歴史家(元船主)の大成さんにバトンタッチして、歴史講和。
そして講和の後に、いよいよ國喜68の出航
もちろん小学生にも見学してもらいました
DSC01812.jpg
なかなか、こんな機会は、ないと思います。
※紙テープは海上保安庁の許可を得て使用しています
DSC01825_20230627152704cad.jpg
JRTTの有名YouTuberまるなりさんも来ていました
DSC01831.jpg
新米パパの山中造船 ブーTuber 重松氏も見送りに来ていました。
相変わらず、内航ミライ研究会のTシャツが似合ってませんでした。
DSC01835_20230627152709cc1.jpg

今回、約1か月の実証実験で小学生の体験航海が出来たら最高でしたが、現実的には旅客定員をつけないと乗船できません。
また、臨時変更でその他定員は、書類だけですぐにできますが、旅客定員を付けるには、旅客に対する復元性資料を造船所から提出しないといけません。救命胴衣等、設備も定員分必要です。
もちろん安全を考え、スタッフも必要です。何かあった時の保険なども必要です。
逆に言えば、そのあたりをクリアすれば、新造船における子供たちの体験航海は、可能です。

それをやっているのが、天草マリン同志会の有志メンバーを中心とした天草船主です。
船主としては、竣工後1秒でも早く用船開始をしたいのが本音です。
ただ業界全体を考えると20年運航するとして1日2日をミライの船乗りの為に使う。
そこには船主だけの想いだけではなく、荷主やオペレーターの協力もあれば、最終的には持続可能な業界につながると思います。

今回、この場所を提供して頂いた、國喜商船株式会社 鍋島社長と内航ミライ研究会に感謝したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog