fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2023.07.12    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航船員と中国の船員

7月15日は「内航船の日」と知られるようになりましたが今年の7月11日は中国で19回目となる「航海の日」です。

中国の登録船員数は現在190万人を超えています。海洋船舶の船員が90万人、内陸河川の船員が100万人。
そのうち外航船員が 13万人と言われています。

内航海運を見てみますと、各地で船員不足、廃業、船が止まったなど聞こえてきますが、数字上は年々微増の傾向にあります。
令和3年10月時点で21,502名となっており、前年比約128名の増員となっています(数字上は・・・)

海技短大など海技機構から年間約400名の卒業生。新6級の海洋共育センターで約100名。
毎年500名の新人船員が入って来ていますが1年後8割残ったとして毎年400名が純増ベースです。

現在、団塊の世代が75前後を迎え、70歳以上も珍しくない内航船員ですがさすがに、75あたりには知的、体力的限界を迎えます。
ですので加速度的に、純増ペースを上回る引退を迎えています。

さて、肌感覚でも船員不足を感じる現在、上記の毎年微増の船員数データがあるのは、なぜでしょうか?

これは集計方法に問題があり、事業報告ベースなので重複データも多数あると言う事です。
全く乗らない、もしもの時の免状持ち経営者も入っている場合だってあります。

数字のマジックとは言え、この2.1万人でも、内航船の隻数の定員と交代要員で割り算すれば、足らない事は明白です。
特に職務による船員不足は顕著です。

この数字のマジックにより、荷主様がデータでは、船員が増えているのに、
おたくの会社はが船員不足を訴えるのは、なーぜなーぜ?
と言われかねません。

今年から来年の大量純増船により、船員不足だけでなく既存の所属船員がお金で動いてしまう可能性も否定できません。

札束で頬を叩きあい、精根尽き果てるまでの戦いが来るかもしれません。皆さん、覚悟と準備はいいですか?



中国の富裕層人口(年収2380万円)は9900万人、超富裕層(年収12.5億円)は460万人
関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog