fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2024.02.09    カテゴリ:  内航諸問題 

   安全はすべてに優先する

安全とは

安:穏やかに落ち着いている
全:欠けたところがないこと


身体的に危険が無いと信頼している状態で 心も落ち着いていること

安全意識の本質は、この言葉に集約されているように思います。
IMG_8862_20240209102012fe7.jpg

これ以上も、これ以下もない本質です。
しかし、現在の安全は荷主に対して、オペレーターに対して、ルールに対してと言う視点に重きを置く傾向にあり
本来、従業員の命を守ると言う安全の本質から、担当者の立場を守る、企業間の信頼関係(上下関係)を守る、保身の方へ進んでいます。

安全担当者の苦労もわかります。事故をなくす対策ではなく、現場を経験したことない担当者が
現場を経験したことのない荷主首脳陣を納得させる対策を作文しないといけない訳ですから。

ただ、当事者本人の安全意識やレベルによる、いわゆる、ドンくさいZの事故に対する全船対応は、考えるべきです。
そして、危険物船のムダ、ムリ、ムラがあるオーバーフローした安全対策もスクラップアンドビルドして
現状と現場に合わせていく必要があるのではないかと思います。

タンカーに多い、着桟時のロープスラスター巻き込み事故。カーゴでは、滅多に起こりません。
何故か?本質は、そこにあるのです。操船が上手い、下手の話しではありません。

関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog