fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2024.03.01    カテゴリ:  海運ニュース 

   「現場が求めている声」と「国が打ち出す施策」の間にある“ズレ”

皆さんは、令和5年6月1日(日本時間午前9時)運用開始となった潮岬沖に推薦航路をご存じでしょうか?

推薦航路
ポスターなどでの周知で見たことある、また航路ブイは、ありませんが、バーチャルAISが電子海図やレーダーに表示されるので知っている人も多いと思います。

推薦航路とは、IMOで審議され採択された航路で、日本船長協会の推薦する自主設定の分離通航方式航路とは違います。
どちらも法的拘束力はなく、趣旨としては、どちらも推薦航路を走った方が安全ですと言うお願いベースです。


では、この推薦航路を順守している船はどうでしょうか?
保安庁のデータによると運用開始以降の7月1か月の航路順守船が59.5% 4割の船が不順守と言うデータ。
一方で、平成30年1月1日に制定された伊豆大島沖の推薦航路の順守船は昨9月~10月にかけての1か月で91.5%が順守していると言う良好なデータ。

伊豆大島沖と何が違うのか?

伊豆大島沖は、長時間見合い関係が起こりやすく、航路を制定する事で分離が可能。
潮岬は、高知沖、友が島、鳴門方面から来た東航船と、高知沖方面、友が島、鳴門方面へ向かう船がクロスする
ジャンクションのような海域で、尚且つ小型内航船は陸沿いを行き合い、中、大型内航船は、その沖を行き合い
外航船は、更に沖を行き合う複雑な輻輳海域です。

この推薦航路を設定する事により、何が起こるか?

推薦航路を順守する西航船と不順守の東航船が多数行き合う事になり、推薦航路を守ったばっかりに事故に合う可能性が増えると言う、本末転倒な自体が起こっています。
だから保安庁としても順守してくださいなんでしょうけど、それでは、現場の意見を聞いてください。

※11件の返信を読むをクリック



小型船は、何も近道したいが為にショートカットしているわけではありません。潮岬での気象海象、地形的な潮波など
気象データだけでは見えない現実が現場にはあるのです。それをできる限り回避しながら、荷物と航行の安全を考え走っているのです。

この海域での事故の原因は、航路制定がないからではなく、VHFでの相手船との意思の疎通や伝達不足
針路に向けての大きなアクション不足などが原因です。

もう既に開始されているので議論の段階ではないのですが、私が参加している内航総連の環境安全対策委員会の議題に上がっていたので、皆さんの意見を集めて、意見しました。

IMOの推薦航路以前に制定されている日本船長協会の推薦航路を見てください。(左下の赤四角)
船長協会

日本船長協会は、わが国における航洋船舶の船長、航洋船の船長の経歴を有する者又はこれに相当する海技免状(特に一級海技士免状には拘らない)を有する者を正会員として組織されている唯一の船長の団体です。

推薦航路も沖合5M以上離し、分離して航行する方式です。
要するに小型船を中心とした内航船との行き合を避け、大型船同士で節度守って行き会いましょうと言う推薦航路です。
IMOの推薦航路は、雑に一直線ですが船長協会の航路は、実態に則した針路になっています。

こう言った施策を決めるのが交通政策審議会 海事分科会ですが議事録を見る限り、日本船主協会は参加していても内航業界に直結している委員はいないように読み取れました。

交通政策審議会 海事分科会 第18回船舶交通安全部会

海上保安庁は、不順守船の船名とオペレーター名を把握しリストアップしているそうですが、
そんな事よりも、これを順守する事で海難事故が以前より減る根拠。
荒天時の小型内航船の貨物の安全と船舶の安全が守れる根拠を教えてください。

この設定に関わった神戸海難防止研究会の調査研究委員会の皆様、以下の2点について効果検証をお願いします
①199GTもしくは499GTあたりに同乗頂き荒天時の東航 (一般的な運航管理規定上限の波高2.5mにて)
②不順守船が多い現状にて高知沖向けの大型内航船(RORO フェリー)にて推薦航路順守体験。

そこまでしろとは、言いませんが検証としてアンケート調査してみてください。いかにこれが愚策であり、
順守船にヒヤリハットが増えたかわかりますから。

伊豆大島沖に関しては、良策だと思っています。

事故は100%防げませんが、近年あった来島海峡での事故や船同士の衝突事故は、VHFでのお互いの意思疎通で回避する事は可能です。

小型内航船によくありがちな、VHFの無視。外国船からの呼びかけに無視。そう言う船に限って、VHFで罵り合うような喧嘩をしてしまう。頭に血が上っているんでしょうけど、聞いていて恥ずかしい。

ですので、海難防止の為にもVHFの応答教育(英語も含む)は大事だと思います。
翻訳技術があるから、日本語で話して英語で発するVHFがあっても良いかもしれませんね。

そして基本のキの字ですが、怪しい船は大きく避ける。相手に期待しない事です。
真面目に航法守って事故っても誰も褒めてくれません。
海難審判だって100:0にもなりません。

命あっての人生です。今日から3月の年度末です。安全に春を迎えましょう
関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog