FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2007.07.27    カテゴリ:  外航船 

   超大型重量物運搬船

HAPPY BUCCANEER
IMG_0409.jpg

何のプラントでしょうか?
日本が諸外国に大量生産で負けても
こういった技術力を要するものでは、
まだまだ日本も捨てたものではない。

特に、今後中国あたりにおける環境プラント・原子力発電
世界的水不足が予想される水処理関連
などを想像するとこう言った船の需要も増えてくるのであろう。
川崎汽船、重量物船事業で独SALグループと業務資本提携を締結

原子力関連としては
三菱重工業(株)
(株)東芝
(株)日本製鋼所
水処理関連としては
旭化成(株)
東レ(株)
日立造船(株)
三菱重工業(株)
中国の環境・水関連では
天業節水・東江環保・天津創業環保・中国水務
関連記事
スポンサーサイト



ずいぶん前に像のマーク(マンモス?)の重量物運搬船とすれ違いました。
世界には、いろいろな種類の船がいますね。
内航船でもちょっと変わった船に乗っていると、すれ違った時に常に双眼鏡でのぞかれるでしょうね(笑)
それもちょっと恥ずかしいですが…
注目される船にのりたいものです
ありがとうございます。
かなり吊上げ能力のありそうなクレーンですね。
昔、何かの本でタグボートや小型カーゴを何隻か
積んでいる重量貨物船を見たことがあります。
ホント、世界にはいろんな船がいますね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog