FC2ブログ
企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2007.10.05    カテゴリ:  新造船 

   住栄5

徳岡造船 JFE物流
s-IMG_1210.jpg

s-IMG_1209.jpg

s-IMG_1207.jpg

s-IMG_1208.jpg

船台に載っているブロックは三福海運の船かな?
s-IMG_1211.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この船、10/3の三十一三晃丸とよく似た船型ですね!

同じ造船所建造みたいですから、外形はほとんど同じみたいです。

個人的には減トン型のZ型が、最近の船というのをアピールできているようなので好きなのですが・・・

あの形をあまり好きでない人も結構いるみたいですね。

大島造船のヤードみたいに、スターンラインピットがオモテ側にあり、ピシッとラインを張れずに緩めておくような場所では、Z型がトモの外板とラインとの擦れを起こさず、良いような気がします。

いや、でもやっぱり擦れをおこすかな?Z型でも?
ありがとうございます。
31三晃丸も徳岡造船ですね。
色も型も良く似ていると思います。

Z型は13久喜丸や山中造船でできている
Z型のようにハンドレール型の方が
見た感じのバランスは良いような気がします。
ブルーワークだと囲われている安心感はありますが(笑)

大島造船のヤードのような状況ですと
スプリングラインの位置からスプリングとヘッドラインは出せないのでしょうか?

スプリングなどは5cmくらいでも位置を
出す設計にするとロープと外板の摩擦が
減りますね。
出しすぎると今度は、岸壁との接触になりますが・・・






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog