FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2007.10.13    カテゴリ:  海難事故 

   座礁船

ある人の情報によると瀬戸内某所で座礁があった模様。
関連記事
スポンサーサイト



大津島旅客船座礁:簡易標識見誤る? /山口
10月13日16時2分配信 毎日新聞

 周南市の徳山港と人間魚雷「回天」基地跡がある周南市大津島を結ぶ旅客船「鼓海2」が11日夜、同島の刈尾海水浴場沖で座礁、浸水した事故で、徳山海上保安部は12日朝から事故の原因を調査した。同船の船長(52)が危険を知らせる簡易標識の位置を見誤った可能性があるという。事故によるけが人はいない。
 調べでは、同船は浅瀬の岩場に乗り上げた際、機関室右側の船底に亀裂が入り、右舷側のスクリューのプロペラなどを損傷していた。離礁させた後、サルベージ会社の技師らが防水処置をして修理のため広島県尾道市に運んだ。
 同船所有の大津島巡航は、周南市が約8割を出資する第三セクター。同船は今年4月に新造船として約2億4000万円をかけ就航したばかりだった。船の修繕が終わるまでは予備の船を定期船に回すため、乗客の足に影響はないという。同社の中村浩二・安全統括管理者は「安全管理規定の徹底を図りたい」としている。
情報ありがとうございます。
短距離定期航路でさえヒューマンエラーがあるのですね。
こう言うのは電子海図のオートトラッキングなどで回避できるのであはないでしょうか?

設備投資としては、海難事故よりはずいぶん安いと思います。

この事故の数日以内に瀬戸内でカーゴとタンカーの乗揚げがありました

大津島は本船の船長の親戚がいるらしく
徳山で一日かかる荷役の時にフェリーに乗って
会いに行ってました。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog