FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2006.07.31    カテゴリ:  仕事 

   門司港 バンカー

20060731103611

20060731103604

03:20門司入港
07:30荷役開始
10:00バンカー20kl
バンカーとは、給油のことである。船は、バンカー船と言って
油を積んだ小型のタンカーが船の横に着けて太いホースで
送油するのである。
茶色い袋みたいなのは、タンクの空気口から油が漏れた時に
船外に出ないようにするため。もし油を数リットルでも海に漏らして
保安庁に見つかれば数十万の罰金である。

本船は、A重油と言って比較的エンジンのメンテナンスが
かからない油を使用している。船が大きくなるとC重油と言って
粘度が高くエンジンのメンテも少々かかる油を使用する。
ガソリンに見られるように、もちろん重油も値段は、上がっている。
明日からまた上がるそうだ。
20klという事は仮に、A重油の値段が60円/㍑としても120万
今月は60kl入れたから油代だけで360万。
数年前の35円/㍑だった時代だと210万だから150万も違うわけである。
その150万差が運賃に反映されているかと言うとまだ追いついていないのが現状で油代を自分もちの委託船は悲鳴をあげているし、本船は、
用船契約で油代は関係ないようなものだけど、オペレータが悲鳴を
上げている以上、間接的に本船に跳ね返ってくる。
バンカー船は、給油すると軍手や洗剤などをくれるが、今日は、
そうめんをもらった。
20060731104233

関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog