FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2008.01.31    カテゴリ:  海運ニュース 

   こませ網注意!

「こませ網漁業操業にかかる安全確保について」のリーフレット


第六管区海上保安本部管内漁具定置箇所情報


第六管区海上保安本部
なかなかいい仕事してます。
網の種類や漁期など、こう言った情報がGPSや電子海図上に
リアルタイムに表示されるようになれば良いと思います

魚を食べられるのは漁師のおかげですが・・・
小型船からケープサイズまで航行する備讃瀬戸。
航路内操業はどうかと思う・・・

これに鰆流し、底引きまで航路内に登場するのですから危ないですね。

権利・権力から言うとそのルールは魚が枯渇するまで変えられそうにないので
少なくとも、瀬戸内各地の操業ルールの統一や操業時の表示の統一。
行政からの通行船舶への注意喚起(パンフレット配布など)をしてもらうと
網の損傷や海難事故も減るのではないかと思います。

日本人でもわかりにくい操業ルール
小型の外国船が増えてきた現在、外国人船員ならなおさらわからないと思います。


苦労して作った情報だと思いますが、この存在を知らない船乗りは数多くいると思います。
せっかくの情報も使わなければ意味がないです。
関連記事
スポンサーサイト



確かに瀬戸内ばかりの私らでも分かりづらいですね。航路だけでも開けてもらえれば…。
そしてもうすぐ イカナゴが解禁ですね。明け方から明石近辺は漁船のカオスです。皆さん ご注意を!
漁協や海保が網や漁の特徴・海域を書いたハンドブックでも出してくれたらいいのですが・・・
網を引っ掛ける船が減れば水揚げが減ってしまいますかね?(笑)
これも結構便利です。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN6/zusi/gyogu/index.html

まずは、こちらのデジタルデータの配布を開始していただきたいです。
そして、電子海図上に重畳できればかなり便利です。
無料だといいですが、水協経由でしょうね。

また、リアルタイムのお話ですが、かなり近い将来カーナビのVICSのようなサービスが現実になると思いますよ。
海上ではDGPSとAISを利用するもので情報を入手できるようになる予定です。
いつも情報ありがとうございます。

VHFと言うものがありますが、航行情報や危険情報・気象情報などリアルタイムに文字及び画像情報が入手されるようになると、航海の安全性も増すでしょうね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog