FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi

マウスコンピューター/G-Tune


出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2008.05.12    カテゴリ:  内航〔電気推進〕 

   シップ・オブ・ザ・イヤー 2007候補船 『茂丸』

先週金曜日、坂出港にアンカーしている6000klスーパーエコシップ茂丸を見かけました。
前日、夜間入港時茂丸のそばを通りましたが、遠くから何だろうあの船?と思わせる雰囲気で
近づくにつれもしかして・・・と思うとやはりそうでした。
各階の高さがあるのか、すごくブリッジが高いように見えました。
二階の左舷側と3階の中央部がサロンか共用スペースなのか
大きな窓で電気が赤々とついてました。
IMG_0344_20080512205854.jpg


詳細は、内航.netにて全国砂利船展示会さんが紹介してくれてます

シップ・オブ・ザ・イヤー 2007のノミネートが発表されてますが、小型船部門は、ずらりと電気推進船が
並びましたね。
おそらく、茂丸と新衛丸の一騎打ちではないかと思います。
もちろん、なでしこ丸も日光丸もすばらしい船ですが・・・
特筆事項でその二隻は、突出しています。

大型船は、洞雲汽船(株)のBURASIRU MARUで決まりじゃないでしょうか?

もう少し部門分けしてもらってカーゴ部門やタンカー部門など各部門賞くらい
あって全ての中からシップオブザイヤーを決めてもらいたいです。

そうすれば、造船関係やオーナーさんのひとつの目標になりますしね。
部門を増やすくらいたいしたコストでないと思います。
しかし業界を盛り上げる効果はあると思います。
関連記事
スポンサーサイト



こんばんは~

驚きながらの見学でしたので、はっきり説明できませんが、2階の中央あたりがギャレーで左舷側にサロンがありました。
40インチくらいの液晶TVもありました(笑)
3階の中央には事務室のようなものがあり、ここに操舵室と連動しているパソコンモニターがありました。
いろいろな画面を見せていただきましたが、何がなんだか・・・(汗)
チョフサーもパソコンを覚えるのに大変だったそうです。今からの時代の船乗りはパソコンが強いと頼りにされそうですね~

ハウス内の通路は床がクッションフロアーのような感じで土足でいいのですか?っと聞いてしまいました(笑)
通路壁は腰板(腰の高さくらいまで縦に板を張っている)を張っていました。家ですね~家の中を土足で歩いているような感じでした~
管理人さんが新造船を紹介している記事を見ると最近の内航船は造船所や船主さんのこだわりで綺麗にしている船もありますね~
すばらしいです~
いつもありがとうございます。
見学できたなんてうらやましいですね。
新しい技術の船は、初めての事だらけで
何かと大変な部分もありますが
こういった技術革新があってこそ
業界が前に進めるのではないかと思います。

ある方の情報によりますと現在は、ディーゼル駆動にしているようですね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog