FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2008.06.20    カテゴリ:  内航船 

   51年目のチャレンジ

今年の夏に船齢51年を迎える第三敬神丸 199.58GT 300DW
1957.8 花源造船所
IMG_1002.jpg

建造当時は、機帆船〔木船〕でしたが船体にはリベットで鉄板が貼られほぼ鋼船になってます。

ハッチカバー
意外に雨風に強いそうです。
GPS・レーダー・BSまで備えてます
IMG_1001.jpg

ボートダビット
ここに箱型のトイレがついていた船が昔は多かったですね。
底が抜けて落ちた話は、いろいろな人ら聞いたことがあります
IMG_1000.jpg

IMG_0999.jpg

船長さんに、いつまでがんばるんですか?って聞くと。
辞めるにやめれなくなったと笑ってました。

しかし現実問題。廃船にしても処理費用がかかるそうで・・・
金もためにゃいかんなぁ・・・と言ってました。

この船が半世紀、日本の内航を見てきていろいろ時代が変わったと思います。
勢いのあった古きよき時代もあれば、苦しい時代もあり
バブルのような時代もあれば、現在もあります。

現在、全ての経済サイクルが早くなっています。老舗企業がつぶれたり
数年前に将来を背負うナンバーワン企業と称された企業がつぶれたり・・・

50年後、内航海運というものは今の形とは変わっても残っていると思います。
50年後と言うと現実的でないかもしれませんが、10年後なんてすぐです。
10年後20年後こうであろうと先回りして、今から準備しておかないといけないですね。

昔のように地道にコツコツとだけでは、いけない時代になってきました。
流れに乗ることも非常に大切です。
関連記事
スポンサーサイト



いつも拝見して勉強させていただいております。
今日ぶらっと港に行ったら、舟首が大破した第三敬神丸が係船されていました。
難しいと思いますが修理して頑張ってもらいたいですね。
マーボ 様

タグとの衝突だったようです。
生き字引のような船ですので頑張ってほしいものです






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog