企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
内航.net
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2008.07.02    カテゴリ:  新造船 

   第10日丹丸 最終トライアル乗船

ある方が手続きしてくれて伯方造船株式会社と第十日丹丸のご好意で就航前の
最終トライアルに乗船することができました。
IMG_1090.jpg

乗ってまず思ったのが、ベテラン船長を中心に船員の年齢構成がバランスよく
どちらかと言うと、若手の方が多い印象でした。

出航準備
操作パネルとリモコンの操作です
IMG_1091.jpg

手前のメッシュは、強化プラスチックです。
IMG_1092.jpg

ライン
IMG_1096.jpg

トモは安全に配慮したペイントですね
手前のワイヤーは、艤装岸壁用のケッチンアンカーです。
IMG_1097.jpg

艤装中の11如月丸から見送る伯方造船及び日本タンカーの社長さんや関係者の方々
IMG_1098.jpg

操舵室
IMG_1101_20080626210540.jpg

電子海図 FURUNO ECDIS
IMG_1102_20080626210548.jpg

ブリッジの窓に空調が当たるようになっています。〔曇り止め効果〕
IMG_1133.jpg

港内は狭いので慎重に回頭していきます
IMG_1103.jpg

村上秀造船で艤装中のコンテナ船 HARRIER
IMG_1104_20080626210610.jpg

無事出航
IMG_1105_20080626210617.jpg

トライアルと撮影が終われば第十日丹丸がデビューです
IMG_1106.jpg

撮影場所に向け航行
IMG_1107_20080626210625.jpg

操舵室で感じたのが、エンジンかかっているのかな?と思うような静かさと振動でした
IMG_1109_20080626210635.jpg

操舵手
IMG_1110_20080626210642.jpg

沖にアンカーしていた昨年末就航の6000キロ積みタンカー第五霧島丸 霧島汽船
この船もハイテクタンカーですね。
IMG_1113_20080626210651.jpg

タッチパネル方式のコンピュータ制御のエンジンです
これからのハイテク船は、機関長だけでなく電気長・電子長がいないといけませんね
IMG_1114_20080626210659.jpg

まだ半速でしたが十分速力がでてました
IMG_1115_20080626210709.jpg

回頭中
IMG_1116_20080626210719.jpg

エンジンルームに入っても、補機の音にかきけされて
主機が動いているのかな?と思うような静かさでした
IMG_1120_20080626210727.jpg

L35MC
IMG_1123_20080626210745.jpg

プロペラはCPP〔可変ピッチ〕です。
CPP+高出力のエンジンですので停止距離や荒天時に効果を発揮します
IMG_1122_20080626210749.jpg

主機関は最新のシリンダ注油装置”アルファ注油”を装備しています。
電子制御でピンポイントで注油し必要最小限の量で大幅なシリンダ油削減になります〔masaさんのコメント〕
IMG_1126.jpg

IMG_1127.jpg

徐々に速力を上げていきます
IMG_1130.jpg

IMG_1131.jpg

撮影用に出力85パーセントまで行きました。
IMG_1134.jpg

出力85パーセントで航行中
引き波がきれいですね
IMG_1139.jpg

飛行機による撮影
IMG_1137.jpg

撮影終了後、ドックへ
IMG_1143.jpg

IMG_1142.jpg

IMG_1140.jpg

波を切り裂いて前進中
IMG_1151.jpg

IMG_1146.jpg

IMG_1148.jpg

IMG_1152.jpg

迎えに来たタグにジャコブで下船後、汽笛を鳴らしながら出航していく第10日丹丸を見送る
IMG_1153.jpg

IMG_1157_20080625124733.jpg


噂通り、ハイテクな設備と快適な居住環境、若手船員を意識した人員配置や設備など
若手が見たらこの船に乗ってみたいと思うでしょうし、
乗ったらほかの船には移りたくないだろうなと思わせる船でした。

今回、見学くらいはできるかなと思っていたところに乗船機会まで与えていただいて
伯方造船の関係者をはじめ第10日丹丸の乗組員の方々、
日本タンカー関係者の方々に感謝したいと思います。

第十日丹丸のご安航とご活躍を期待しています

関連記事
スポンサーサイト
大型内航タンカーの隅々まで紹介した今回の企画はとても興味深くみさせてもらいました。ありがとうございました。
私自身も、このような機会に恵まれるとは思っていなかったので、興味深く見学させてもらいました。
こう言った最新鋭の船の技術が浸透して一般化されると業界の発展にもつながります






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog