FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2008.07.07    カテゴリ:  海難事故 

   週末の濃霧

浦賀水道などで衝突相次ぐ
第3管区海上保安本部

本船も、週末濃霧の瀬戸内海及び来島海峡でアルファマップとAIS・レーダーをフル活用でした。
濃霧のような相手の顔が見えないときにAISが電子海図上に表示されることは
非常に情報として便利であり、海難事故防止としても有効ではないかと思います。
本船はレーダーARPAがない為に非接続ですが、アルファマップとAIS・レーダーARPAを接続
すれば海難事故防止としては、かなりの情報源になります。

相手によって区別するわけではないですが、濃霧で前から来ている船が
外国船だとわかると、こちらとしても用心して大きなアクションを起こせると思います。

大きなアクション起こしても時に危ない時はあるもので
本船も週末、来島海峡過ぎて宮窪瀬戸方面に向かう際、前からレーダー上に
航跡が・・・
互いに大きく避けるスペースあるのに濃霧の中、本船めがけて走ってきている船が一隻

私は、徐々に大きく赤を見せる大きなアクションをしましたが
一向に本船に突っ込んでくる模様。

スローにして走ってましたが危険なのでストップ。
しばらく霧中信号をしましたがそれでも突っ込んでくるので最後は、覚悟を決めましたが
50mくらいのところでそれまで青で突っ込んできた相手船が赤で交わし
事なきをえました。

ファンネルも船名も見え船名には載○と書いてましたが・・・
一瞬、本船に対するテロ行為かと思いました。
それともライバル会社の船を武力行使で潰しに・・・?
まさかそんなことはないと思いますが〔笑〕

しかし、かなり危険な走りだったと思います。
こちらが注意喚起しストップしていても、その危険な船に衝突された場合0対100ではないわけです。
こちらが正しいからと言っても衝突されればいろんな損害・被害がでます。

この船及び本船にAISがついていたらどうでしょうか?
互いに顔が見え、無茶なテロ行為のような走りは、おそらくしないと思います。たぶん・・・

こちらも危険と思えば、VHFで載○こちらは○○丸です。赤対赤でお願いしますと
血も流れない平和な解決方法になるわけです。

AISの全船義務化は海難事故防止のためにもかなりの効果を発揮するのではないかと思います。
全船義務化の方向に向かう為にも、送受信機があとゼロひとつ安くなればと思いますが・・・

無事是名馬なり

〔参考:本船の明石海峡付近の画像 アルファマップ〕
IMG_3635.jpg

LNG VESTA
IMG_3640.jpg

船橋から見ると〔手前が電子海図のモニター〕
IMG_3638.jpg

LNG VESTA
IMG_3639.jpg
関連記事
スポンサーサイト



九州の某オペレーターの船ですかね?
はじめまして。いつも楽しく読ませて頂いております。手塚と申します。僕は海上技術学校の生徒をやっております。明日は航海シミュレーターの実習があるのでとても参考になりました。レーダーARPAもいじってみたいと思いました。
最後に僕は就職先をケミカル船にしたいと思っていますが、教官が反対します。何故でしょうか?
僕にも理解出来るように教えて頂けないでしょうか。コメントなのに質問して長文失礼します。
よろしくお願いします。


無事でなによりです。
ARPAとAIS
AISは瞬時に進路 速力等わかりますが ARPAは 捕捉して数分ほど必要ですし この情報をアルファマップ上で表示するには もう数分必要です。AISを発信してない目標は 早めの捕捉を心がけていないと間に合いません。
管理人さんが言われるとおり AISを義務化すれば 視界制限状態時だけでなく 安全安心航海の手助けにかなり貢献しそうですね。
貨物船大好き様
たぶん日本のオペレーターだと思います。

手塚様
僕にも理解できるように説明してくれと言われましても私は、その教官ではないので・・・(笑)
その教官に直接聞いたほうが、早いと思いますが…
まぁ学生さんと言う事で私なりの見解でお答えしますが、ケミカル船を勧めない理由と言うのは、危険があると言う意味ではないでしょうか?ケミカル製品は劇物なども含まれ
タンククリーニングの際に稀に死亡事故などがおこったりしています。それは通常の手順を踏まなかったりなどいろいろな理由があるかと思いますが…
危険で言うと大なり小なり、どの船の種類でも一緒です。

就職する船を選ぶなら、私はスタートはケミカル・LPG・タンカーなどをお勧めします。
ケミカル船でも最近は電気推進のハイテク船も登場しています。

海技系の学生に比較的人気な、ハーバータグやフェリーもひとつの船乗りの道ですが、ハーバータグやフェリーからタンカーなどへの転船は、なかなか難しいです〔仕事の質などで〕。

安全基準に厳しいタンカーなどを経験して
自分に合いそうな船種に変えていくのもひとつの道です。

最初にカーゴを選んでもタンカーには移りにくいです〔これも仕事の質上〕。

最初に安全に厳しい船を選び、経験をつみながら転船し、家庭・家族を持ったあたりに、自分の肌に合った会社・船に乗って勤め上げるのがいいのではないでしょうか?

転船が多いと、次の就職先が嫌がる場合もありますが、自分がポリシーを持って経験を積む為に転船したと言えば言わけです。
それでも首をかしげるオーナーだったら
こっちから願い下げすれば良いんです。
経験を積む為にも3年から5年程度は乗船したほうがいいですけど・・・

業界の金の卵です。がんばってください!

ウォリック様
AIS全船義務になると嫌がる人もいるのかもしれませんが、事故になるよりはマシだと思いますので、その方向に向かって欲しいですね。
もちろん漁船にも送受信機設置義務を!







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog