fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2024.02.05    カテゴリ:  内航.COM海上部門 

   海からの写真便り































関連記事

2024.01.30    カテゴリ:  エンジン 

   12000台目のメモリアルエンジン 阪神内燃機工業 LH38LG 2800ps

749GT型コンテナ船まやに搭載されたエンジンは、阪神内燃機工業が1918年(大正7年)の創業から105年で、累計1万2000台目となったエンジン


阪神内燃機工業 LH38LG 2800ps
阪神内燃機工業 LH38LG
阪神内燃機工業HANASYS5を装備。モニタを確認しながら日誌記入をしやすいレイアウト
阪神内燃機工業HANASYS5を装備。モニタを確認しながら日誌記入をしやすいレイアウト
海水冷却ポンプはインバータを使用し、夏や冬の海水の温度差へ省エネ効果を発揮
DSC03933.jpg
陸電受電配電盤
DSC03934.jpg
制御室から、機関始動までの動線を一連作業でできるよう考えられています
DSC03935.jpg

機関室1
指圧器弁を下段からも開けることが出来る特注仕様
指圧器弁を下段からも開けることが出来る特注仕様
主機の排気温度計は村山電機製作所 YMT-700
主機の排気温度計は村山電機製作所 YMT-700
船型に合わせて足場を250mm下げた特注仕様
船型に合わせて足場を250mm下げた特注仕様

機関室下段
機関室上段と主機付き足場をウォークスルーとし点検整備性を向上
機関室3 機関室上段と主機付き足場をウォークスルーとし点検整備性を向上
汚損して視認が困難となるガラスゲージのに代わり、マグネット式フロートゲージを採用
汚損して視認が困難となるガラスゲージのに代わり、マグネット式フロートゲージを採用
海水管はポリライニング仕様
海水管はポリライニング仕様
船尾管軸受は、省エネ効果だけでなく、近年多くなっている船尾管の詰まりによる焼き付きなどの
発生リスクが少ない
MIKASA FFベアリングを採用
DSC03940.jpg
FFベアリング
FFB写真
LO清浄機はアメロイド A重油専焼なので機関部の労務負担は、かなり軽減されます。
LO清浄機はアメロイド
作業頻度の高い船尾管ストレーナーはコーミングを設置
LO清浄機はアメロイド
発電機はヤンマー 6HAL WHT 250kVA
発電機はヤンマー 6HAL WHT 250kVA

井本商運株式会社

阪神内燃機工業株式会社

株式会社 ミカサ



関連記事

2024.01.30    カテゴリ:  新造船 

   749GTコンテナ船 まや 船内探訪

2008年建造のまいこ以来の7段ブリッジとなった、まや
DSC03888.jpg
新ILOになり、まいこ以前のシリーズのように200TEUオーバーの最大個数が厳しくなった749GTコンテナ船ですが
工夫により、245TEUを実現しています。
またポンツーンハッチを採用した事でブリッジをオモテ側へ移動する事ができ、ボートデッキ40フィートコンテナ3列4段が実現できました。
DSC03926.jpg
ファンネルは、井本商運
DSC03905.jpg
多層階なのでユーザビリティが考えられています。
DSC03913.jpg
6Fは事務室のみで前面はボイドスペース
レクリエーションスペースとして人工芝を設置
夏は、プールも完備
夏場はプールを設置することも可能

DSC03914.jpg
船内wifiはIOTに備え、ホールド内もwifi環境になっています
DSC03915.jpg

20220110_202449.jpg
4Fにはミニキッチンコーナー。ワッチ終わりの夜食の際は、重宝しますね
DSC03916_20240130112614670.jpg
居室は、全部で9部屋
物干しバーを付ける船が増えてきましたね。これがないと現実は、ロープを張り巡らした、見栄えの悪い部屋になります。
あとは、エアコンダクトに軍手もよくある現実風景です。

居住区
ソファーに座ってテレビが見れる角度は良いですね
20220110_202403.jpg
プライバシー配慮の二重カーテン。用があって、呼ばれるのは、いいのですが呼びながらカーテン開ける人もいるので、そう言った際には良いですね。
船内調和って、仲が良いや性格が合う事ではなく、ちょっとした相手への配慮だと思います。
そして、相手を変えようとしても、変わるもんじゃありません。受け方を変えた方が労力最小限で済みます。
20220110_202345.jpg
全部屋2ドア冷蔵庫
居住区2
照明は、家庭用の市販品LEDを採用
DSC03979.jpg

DSC03978.jpg
船員の皆さんは、携帯電波に敏感です。ちょっとでも良い電波を拾おうと日々工夫しています。
ちょっとした事ですが、取り外し可能な架台を設置する事で電波が良くなります。
DSC03921_2024013011252710c.jpg
鉄板は、電波を通しにくいです。
DSC03922_20240130112528bf0.jpg
身体ごと窓側に持っていくより、ブルートゥースイヤホンで接続すると、電波と音が解決します。
食堂サロン
サロン
サウンドバー
サロンの壁にTVスピーカー設置
ギャレーはIH 2台仕様
ギャレーはIHヒーター2台装備

動揺対策
井本商運オリジナル食器
DSC03976.jpg

DSC03975.jpg

DSC03974.jpg
操舵室
当直用ヒップバーを設置
船橋はヒッピバーを設置
操舵機はYAMAXのECTP-100(電子海図組込型)
DSC03891.jpg
電子傾斜計 宇津木計器 EI-900A
DSC03893.jpg
バラストコントロールシステム 宇津木計器  レーダーは古野電気 SバンドXバンド
DSC03890.jpg
宇津木計器 遠隔制御型タッチパネル式バラスト
細かいトリムやヒール調整があるコンテナ船は重宝します。
宇津木計器 タブレット式バラストセンサー
ライブカメラもタブレットで見れます
タブレットで閲覧可能なパノラマカメラ

DSC03912.jpg
ジャンパーロッカー
DSC03977.jpg
ステベ用屋外トイレ
DSC03981.jpg
陸上電源受電設備搭載
本船は神戸港カーボンニュートラルポート(CNP)形成計画の一環として、2024年度に建設される新港東UVバース陸電供給設備での受電に対応した設備を搭載
DSC03923_20240130141353d41.jpg
749GTでは、初のポンツーンハッチカバーの採用。
DSC03903.jpg
これにより、ハッチ開閉に船員が関わらないので労務負担の軽減。油圧系統の故障リスク、油漏れリスクがない。
DSC03963.jpg
シリンダー交換など、多額なランニング費用がかかっていたホールディングハッチと比べランニングコストがほとんどかからない。
油圧系統の装置やロック構造がないのでコーミングのペン塗りが楽
DSC03965.jpg
ホールディング収納スペース部分が必要ないのでブリッジ配置を動かす事ができ、結果的に船尾積載個数が増えた。
DSC03966.jpg
オモテもハッチ収納スペースが必要ない為、積載個数増大につながった。
DSC03962.jpg
オモテから
DSC03960.jpg
ウインドラスはSKウインチ
DSC03957.jpg
ステージは強化プラスチック
DSC03958.jpg
スラスター 6t
DSC03955.jpg
ホールド
DSC03948.jpg

DSC03950.jpg
これまで垂直はしごだったモノを階段方式にして、ステベの安全確保
DSC03949.jpg

DSC03951.jpg
バラストタンクはセンタータンクを装備
DSC03952.jpg
ゴミステーション
暴露部にゴミ箱を装備
ワーフラダー
DSC03982.jpg
バンカーステーション A重油専焼船
DSC03983.jpg
船尾形状が特殊な為、ロープクリア用確認ミラーを装備
特殊な船型ゆえにホーサーアップ確認用ミラーを装備
船尾形状 船底塗料は、中国塗料 シープレミア3000PLUS1
DSC03985.jpg
トモは、広いです
DSC03930.jpg

DSC03929.jpg

DSC03928.jpg
本船は2022年7月の徳山下松港で横転沈没した初代「まや」(228TEU積/2008年建造)のリプレイス船として建造され、その名を受継ぎ2代目「まや」と命名
このコーナーは、社内でも賛否両論あったそうですが、教訓は大事です。
私は、「挑戦あるのみ」の井本社長の想いをここから感じました。
DSC03896.jpg



井本商運株式会社



関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog